G2Aウォレットは『Bitcoin』でチャージした方がお得?

G2A ビットコイン

G2Aウォレットのチャージ方法は、ペイパル・クレジットカードより、ビットコインの方がお得なのか検証してみました。

G2Aペイで10%オフ

G2A Pay 10%オフ

まずG2Aウォレットにチャージするメリットとして、月額G2Aシールドをサブスクリプションしていて、G2A Payで支払うと、10%のキャッシュバックが貰えます。そのためには、G2Aでゲームを売るか、チャージしてG2Aコインを手に入れるしかありません。

G2Aウォレットの支払い選択と手数料

G2A wallet 支払オプション

2017年10月1日現在、G2Aウォレットへのチャージオプションは、5つあります。

それぞれ手数料が違い、クレジットカード(Credit Card)・ペイパル(Paypal)が2.76ユーロ、ビットコイン(Bitcoin)が1.01ユーロ、Alipayが5.84ユーロ、bokuが16604円(バグ?)になっています。

bokuは使ったことがないので分かりませんが、Alipayは中国に銀行がないと使えないので、ペイパル・クレジットカード、ビットコインによるチャージが一般的だと思います。

ペイパルとビットコインどっちがお得

年に数回は、G2Aウォレットにペイパルを使ってチャージするんですが、「Bitcoinでチャージした方がお得なのか」が気になっていました。今回、実際にそれぞれの支払い方法で、1000 G2Aコイン(100ユーロ分)をチャージして比較してみました。

クレジットカードでチャージした場合

G2A wallet クレジットカード チャージ

楽天カードの請求が12,955円でした。手数料が2.76ユーロ掛かり、変換レートが126.071円でした。ペイパルを介したクレジットカード払いなので、1%が楽天ポイントに還元されます。

ビットコインでチャージした場合

G2A チャージ ビットコイン

まず0.5BTCを-14,459円で購入したのち、-0.045905をG2Aに送金しました。その際、送金の手数料が-0.0005BTC掛かっています。Bitcoinと円のレートが238,821だったので、手数料を含み13,272円支払った計算になります。

とういことで、Bitcoinの方が手数料が低くなっていますが、ほぼ確実にクレジットカードの方が安くチャージができます。Bitcoinは、まだまだこれからって事ですな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク