【スチギフ】糞ゲー回避『検索フィルター』が便利すぎる!

スチギフ 当選

スクリプトなしでできる、超便利な『フィルター・ソート機能』がスチギフに追加されました。

https://www.steamgifts.com/discussion/1kgzB/new-search-parameters

フィルター機能は必須レベル

スチギフ ゴミゲー

スチギフで何も考えずエントリーしていくと、ゴミゲームしか当選しません。また「Wishlist(ウィッシュリスト)」のエントリーしていっても、ポイントが余ってしまうと思います。

ギブアウェイする人の数が増えているのは有難いのですが、ゴミの中から良ゲーを探してエントリーしていくのは至難の業です。そんな中、先週にフィルターに使える『検索パラメータ』が追加されました。

新しく追加された検索パラメータ

  • release_date_min  (x日以降にリーリースされたゲームにフィルター)
  • release_date_max  (x日迄にリーリースされたゲームにフィルター)
  • metascore_min  (xメタスコア以上のゲームにフィルター)
  • metascore_max  (xメタスコア以下のゲームにフィルター)

新しく追加されたメタスコアによるフィルターで、『糞ゲー回避』ができるようになりました。ただし、メタスコアは海外のレビュー総評価のスコアなので、Steam評価と開きがある場合があったりします。

既存の検索パラメータ

  • level_min  (xレベルを超えるギブアウェイにフィルター)
  • level_max  (xレベル以下のギブアウェイにフィルター)
  • entry_min  (xエントリーを超えるギブアウェイにフィルター)
  • entry_max  (xエントリー以下のギブアウェイにフィルター)
  • copy_min  (x以上コピー数のギブアウェイにフィルター)
  • point_min  (x以下のコピー数のギブアウェイにフィルター)
  • point_max  (x以下のコピー数のギブアウェイにフィルター)
  • app  (Steamのapp番号から検索)
  • sub  (Steamのsub ID番号から検索)
  • region_restricted  (リージョンロックの有無を”true”が “false”でフィルター)
  • dlc  (DLCを有無を”true”か”false”でフィルター)

「level_min」と「level_max」を使えば、自分のレベルのギブアウェイだけに限定できるので、すごく便利になります。

またコピー数でフィルターをかける「copy_min」は結構使えそうです。例えば、今検索しただけでも10コピー以上のギブアウェイは25ありました。1アカウントにつき、1回しかエントリーできないので、複数配布しているギブアウェイは、当選確率が格段に上がります。

フィルター・ソートの使い方

例として、L3のギブアウェイだけ表示させた場合は、以下のURLをアドレスバーに打ち込みます。

http://www.steamgifts.com/giveaways/search?level_min=3&level_max=3

ギブアウェイ検索ページのURLの後ろに「?」を追加してから、使いたい検索パラメーターの後に入力します。検索パラメータの後に「=」と打ち込んで値を入力します。複数のフィルターをかけたい場合は、検索パラメータのを間に「&」入れます。

自分は現在Lv3なので、このフィルターに、今回新しく追加された『クソゲー回避フィルター(metascore_min=70)』も入れてみます!

http://www.steamgifts.com/giveaways/search?level_min=3&level_max=3&metascore_min=70

クソゲー回避検索フィルターを付けると、ゲームが限られてくるので、レベル条件にこだわる必要はないかもしれませんね。

あとは、コピー数の多いギブアウェイにフィルターをかけるのも役立ちますね。

https://www.steamgifts.com/giveaways/search?copy_min=10

とういことで、新しく追加されたフィルターを使って、「レベル3以下」「メタスコア70以上」のギブアウェイに限定して、エントリーする作戦で行きます!

10月からは、スチギフによるスクリプト対策が注目されているので、当選率が飛躍的に上がるかもしれません!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク