まだRazerの『zVault』使ってないの?

razer zVault

かなり熱いキャンペーンが始まっている『zVault』の紹介記事です。

https://zvault.razerzone.com/

zVaultとは

デジタル通貨である『zGold』を使った支払サービスのことです。Paypalみたいな感じです。

だた違うのは、Razerが運営しているだけあってゲームに特化しています。ゲームをプレイしたり、『zGold』で購入することで『zSilver』を獲得できます。このzSilverを使って、zVaultのサイト内で、SteamキーやRazer商品と交換できます。razer商品に関しては、まだ日本には対応していませんが、今後対応国を増やす予定だそうです。

zVaultのメリット・利点(個人的に熱い順)

  • zSilverを貯めて、Steamキーと交換できる!
  • 100ドル分をzGoldにチャージすることで、20ドルボーナスが付くキャンペーンをよくやってる!
  • GamersGateで支払額に応じて最大20%オフ!
  • IndieGalaとGmaersGateと提携しており、zVault払いだとキャンペーンがある!

Steamキーとの交換は、1年前はなかったと思いますが、最近では交換できるゲームが増えてます。

20ドルのボーナスが付くキャンペーンは、今のところ年数回で結構な頻度で行われています。なので実質2割引で、IndieGalaやGamersGate含めた提携サイトで、ゲームを購入することができます。

しかし、GamersGateは支払い手数料が取られたり、IndieGalaでは手数料がかかりませんが、熱いセールに限ってzVaultで支払ができない場合もあります。それでも、zVaultで支払った方が断然お得です。

Tekken 7 zVault

例えば、24.45USDで販売されている鉄拳7をGamersgateで買ったんですが、zVaultで2267gGoldを支払ました。2267gGoldは、22.67USDなので、約2550円支払ったことになります。

GamersGateでは支払金額に応じて割引されるようになっていて、20-39.99USDの間は15%オフです。なので、24.45*0.15で、3.67USD割引されました。割引された額を計算に入れると20.7USD(約2300円)ですが、zVault支払手数料で218円取られているので、トータルすると約2550円になります。一応確認のため計算してみましたが、トータルでいくら支払うかは、支払選択画面で確認できます。

Gamersgate zGold zVault

自分は、100ドルチャージ(TOP UP)することで、キャンペーンで20ドルボーナスを貰っているので、実質さらに2割引で購入したことになります。またGamersgateの方でも、購入金額に応じて5%のキャッシュバックが得られるので、1039BLC(約113円)分獲得できました。さらに、zGoldの支払い金額に応じてzSilverが得られるので、1400zSilverが貯まりました。

鉄拳7は発売から5カ月しか経っていませんが、定価8856円のところ、ポイントとか入れると実質2000円程度で購入できました。

zSilverの使い道

zSilver Steam ゲーム

今のところRazer商品は買うことができませんが、Steamキーを購入することができます。結構メジャーなゲームもあり、テラリアが11000、RedOutが35000、またRazer限定のWarframeやSmiteのゲーム内アイテム等も買うことができます。

https://zvault.razerzone.com/zSilver#zSilverItem

zSilver テラリア

購入したSteamキーは、登録したメールアドレスに送られてきます。全てのキーの期限は、年末までとなっているようです。

zSilverの手に入れ方

  • 定期的に変わる指定されたゲームをプレイ(最大900/日)廃止
  • gGoldで支払(キャンペーン中で最大22000)
  • 毎日継続ログイン(最大40/日)
  • アカウントとリンクなど

Razer Cortexを起動させて、HearthstoneやSmiteなどのゲームを放置するだけでも、1日最大900ポイント貯まるので、テラリアなら12日間でゲットできちゃいます。

とういことで、一年前はzSilverの使い道がなかったですが、最近ではSteamキーと交換できるようになったので、かなりお勧めです。また100ドルチャージで20ドル追加ボーナスは、GamersgateやIndiegalaを使ってるなら、お得なキャンペーンです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク