G2Aで「出金」するときの手数料は?

今回、G2Aウォレットに貯まった残高をPayPalに出金(引き出し)してみました。

https://pay.g2a.com/withdraw

出金手数料

G2A 引き出し 手数料 一覧
https://www.g2a.com/payments.pdf

出金手数料(Payout fees)は、振込金額の1%と、1ユーロの固定手数料があります(銀行振り込みの場合は1.5ユーロの固定手数料)。

SkrillとWebmoneyは、どちらも使い道が限られるので、選択肢としては銀行かPaypalになると思います。

Skrilはオンラインカジノで使えたりしましたが、現在は禁止されています。Webmoneyは日本のでなくロシアのWebmoneyで、一応ロシアの鍵屋でゲームコードが買えたりします。

銀行送金(bank transfer)も考えてみましたが、英文の「Bank of Statement(銀行預金残高証明書)」をオンラインで提出する必要があります。紙切れ一枚なんですが、発行するのに1000円ぐらいします。

住信SBI銀行だと無料でオンライン発行できますが、5万通貨(約500万)以下の外貨受取だと25ドル受取手数料がかかります。反対に、新生銀行だと外貨受け取り手数料が無料ですが、銀行預金残高証明書の発行に1080円掛かります。

この辺の手数料が馬鹿らしいので、PayPalのドル口座にG2Aウォレットから入金してみました。

ちなみにBitcoinに出金も、G2A Payの使用履歴があるユーザーか、G2Aのビジネスアカウントだと可能のようです。

実際にPayPal(ペイパル)に入金してみた!

PayPalアカウントを認証する必要があるので、まず1ユーロをG2Aウォレットに送金します。

100USDをPayPalに出金申請後、2-3日で97.82USDがドル口座に追加されていました。手数料の計算は、100ドルの1%の1USDと、固定手数料の1EUROが1.18USDになるので、ジャストですね。ちなみに円で出金はできません。

意外だったのは、受け手がPaypal手数料を払うはずですが、無料でした。よく海外だと、PayPalユーザー同士で、家族やフレンド間だと手数料が無料で送れるのは聞きますが、日本のアカウントだと使えないはずです。恐らく、G2AがPayPal手数料を負担して送っているでしょうかね。

2.48%の為替手数料もありますが、ドルで受け取っているので、この手数料はかかっていません。

Paypalで資金を受け取るには、PayPalのビジネスアカウントにアップグレードする必要があります。またドルで受け取るには、ドル口座も作る必要があります。

米ドル口座を作っておくと、海外のオンラインショップ等でそのまま使えるので、為替手数料が掛からず無駄がありません。ただし、PayPalから日本の銀行の口座に入金する場合は、5万以上だと手数料が無料にできますが、日本の口座にドル建て出金はできないので、ここで大きな為替手数料が取られてしまいます。

そういう意味では、出金額が大きければ、G2Aから新生銀行にドル建てで出金するのも一つの手ですかね。1080円掛かりますが、新生銀行のドル口座から円に振り込んだ方が、為替手数料が安く済むので、出金額次第では得になるかもしれません。

少額でG2Aで出金を考えている人は、PayPalのビジネスアカウントのドル口座に入金するのが、一番簡単で、Paypal側の手数料も取られないようなのでお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク